OAuth:WRAP: Abstract (0.9.7.2)

 

Abstract

The OAuth Web Resource Authorization Profiles (OAuth WRAP) allow a server hosting a Protected Resource to delegate authorization to one or more authorities. 

An application (Client) accesses the Protected Resource by presenting a short lived, opaque, bearer token (Access Token) obtained from an authority (Authorization Server).

There are Profiles for how a Client may obtain an Access Token when acting autonomously or on behalf of a User. 

WRAPにより、保護リソース(Protected Resource)をホストするサーバーは複数のオーソリティに認可(Authorization)を委任することができるようになります。
アプリケーション(Client)は保護リソースをアクセスするのに、オーソリティ(Authorization Server)から入手した短期間だけ存在する、人からわかりずらい、bearerトークン(Access Token)を提示します。
Clientがユーザーが自律的に、あるいはユーザーの代理でAccess Tokenを取得する方法に関してプロファイル(Profile)がいくつかあります。

Google Docs

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中