OAuth/WRAP : 3 Definitions (0.9.7.2 )

Google Docs

3 Definitions

Access Token: a short lived bearer token issued by the Authorization Server to the Client.  The Access Token is presented by the Client to the Protected Resource to access protected resources.
    AuthzServerがクライアントに発行する短命のベアラ(運び屋)トークン。ClientはこれをProtected Resourceに提示してプライベートリソースにアクセス。

Authorization Server: an authorization resource that issues Access Tokens to Clients after successful authorization.  May be the same entity as the Protected Resource.
    認可が成功したとらClientにAccessTokenを提供する認可リソース。ProtectedResourceと同じでよい。

Client: an application that would like access to a Protected Resource.

    Protected Resourceにアクセスしたいアプリケーション。

Client Identifier: a value used by a Client to identify itself to the Authorization Server.  This may be a human readable string or an opaque identifier.

    Clientが自分自身をAuthzServerで識別させるための値。

Client Secret: a secret used by a web application Client to establish ownership of the Client Identifier.

    WebアプリケーションクライアントがClientIdentifierの所有権を確立させるために使うシークレット。

Profile: a mechanism for a Client to obtain an Access Token from an Authorization Server.

    ClientがAuthzServerからAccessTokenを取得するためのメカニズム。

Protected Resource: a protected API that allows access via OAuth WRAP.  May be the same entity as the Authorization Server.

    OAuth WRAPをつかってアクセスさせるためのAPI。AuthzServerと同じでよい。

Refresh Token: a long lived bearer token used by a Client to acquire an Access Token from an Authorization Server.

    長期のベアラトークン。クライアントがAuthzServerからAccessTokenを貰うために使う。

User: an individual who has an account with the Authorization Server.

    AuthzServerにアカウント持っている個人。

Verification Code: a code used by a Client to verify the User has authorized the Client to have specific access to a Protected Resource.

   UserがClientに対してProtectedResourceにアクセスできる権利を与えたことをClientが証明するためのコード。

3.1 URLs

Access Token URL: the Authorization Server URL at which an Access Token is requested by the Client.  The URL may accept a variety of parameters depending on the Profile.  A Refresh Token may also be returned to the Clien.  This URL MUST be an HTTPS URL and MUST always be called with POST.

   ClientにAccessTokenが要求される AuthzServerURL。プロファイルごとにいろんなパラメータがある。RefreshTokenを返してもよい。HTTPSでなければならない。POSTを使わなければならない。

Callback URL: the Client URL where the User will be redirected after an authorization request to the Authorization Server.

    ClientのURLで、UserがAuthzServerで認証リクエストを行った後に戻される場所。

Refresh Token URL: the Authorization Server URL at which a Refresh Token is presented in exchange for a new Access Token is requested.  This URL MUST be an HTTPS URL and MUST always be called with POST.

    AuthzServerURLで、RefreshTokenを受け付けてAccessTokenが発行される。 URLはHTTPでPOSTされなければならない。

User Authorization URL: the Authorization Server URL where the Client redirects the User to make an authorization request.

    AuthzServerURLでClientが認証のためにUserをリダイレクトさせる場所。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中