rst2html : セクションオートナンバリングにはまった。

“.. sectnum::” ディレクティブを1行入れるだけで好さそう。

(op)hdknr@debuniid:~/.virtualenvs/op/src/djopenid/experiment$ more cx.rst


Contract Exchange
=================


.. sectnum::

--------------
CX depends on:
--------------

- OpenID Authentication Artifact Binding extension ( could be OpenID 2.1 )
- OpenID AX(Attribute Exchange) Fetch Request with value (could be AX 1.1 )

---------------
CX consiste of:
---------------

- Request Sequence ( Mostly OpenID 2.1)

 - Service Discovery
 - Association
 - Direct Authentication Request/Artifact Response
 - Artifact Authentication Request
 - Artifact Auhtentication Reponse
 - Direct Assertion Request/Assertion Response

- CX Documents

 - CX Proposal
 - CX Contract

- AX Fetch Request

 - TypeURI
 - Value

- AX Fetch Response

 - TypeURI
 - Value

変換。

(op)hdknr@debuniid:~/.virtualenvs/op/src/djopenid/experiment$ rst2html cx.rst  > cx.html

image

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中