OpenID Wiki / OpenIDwithArtifactBinding : 9.1. Authentication Request Parameters

とりあえず、一貫性をとるために “checkid_setup_direct” –> “direct_checkid_setup” 。”direct_checkid_immediate”のユースケースはよくわからない。

9.1.  Authentication Request Parameters

Authentication Request can be sent directly or indirectly. When it is sent directly, an Artifact is returned, and the Artifact is sent through indirect communication to the OP by 9.1.1 Artifact Authentication Request. 

  • openid.ns

    As specified in Section 4.1.2.

  • openid.mode

    Value: "checkid_immediate", or "checkid_setup", "checkid_immediate_direct" or "checkid_setup_direct", “direct_checkid_immediate” or “direct_checkid_setup”.

    Note: If the Relying Party wishes the end user to be able to interact with the OP, "checkid_setup" should be used. An example of a situation where interaction between the end user and the OP is not desired is when the authentication request is happening asynchronously in JavaScript.

OpenID Wiki / OpenIDwithArtifactBinding

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中