OpenID Wiki / OpenIDwithArtifactBinding : 9.1.2 Unsuccessful Direct Authentication Request Response (追加)

“direct_checkid_setup”に対応するエラー返答。

9.1.2 Unsuccessful  Direct Authentication Request Response

If  a direct authentication request has not been accepted, following parameters and any relevant extension parameters are returned in the HTTP response body.  

  • openid.ns

               value : As specified in Section 4.1.2.

  • openid.mode

               Value: “direct_checkied_error”

  • openid.error

    Value: A human-readable message indicating why the direct authentication request failed.

  • openid.signed

    Value: Comma-separated list of signed fields.

    Note: Since there is only one parameter, openid.artifact, it will be "artifact". 

  • openid.sig

    Value: Base 64 encoded signature calculated as specified in Section 6.

  • openid.assoc_handle

    Value:  A handle for an association between the Relying Party and the OP that SHOULD be used to sign the response.

In addition to the above, any extension parameters can be returned in the Artifact Response.

OpenID Wiki / OpenIDwithArtifactBinding

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中