OpenID Wiki / OpenIDwithArtifactBinding : 10.3.1. Negative Artifact Authentication Response

Artifaceリクエストの際のエラーメッセージを追加する。

10.3.1.   Negative Artifact Authentication Response

If the OP can’t return possive response for received artifact request, then the following should be returned:

  • openid.mode

    Value: "art_error" for invalid artifact request .  “art_cancel” if the End User approve the request.

  • openid.artifact

    Value: The Artifact value received in the request. If the Artifact was not found at the OP, it MUST be a string "INVALID".

  • openid.signed

    Value: Comma-separated list of fields in this response.

  • openid.sig

    Value: Base 64 encoded signature calculated as specified in Section 6.

  • openid.assoc_handle

    Value: A handle for an association between the Relying Party and the OP that SHOULD be used to sign the response.

No other parameters should be returned

OpenID Wiki / OpenIDwithArtifactBinding

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中