JanRain : python-openid : AuthResponseの受け入れ

AuthResponseの受け入れ

  • HTTP GET/POSTのパラメータをdictに入れる。
  • パラメータからreturn_toを復元。
  • パラメータを元にコンシューマーオブジェクト(authres)を生成。
  • コンシューマオブジェクトを使って、dictのパラメータ,return_toで応答オブジェクト(response)を生成。
  • SuccessResponseが返れば受け入れは基本的に完了。

 

コンシューマオブジェクト(openid.consumer.consumer.Consumer)の生成

  • openid.consumer.consumer.Consumer(セッション(dict) , ストア)で生成する。
  • 生成手順はAuthRequestの送信手順と同じ。

 

応答オブジェクト(openid.consumer.consumer.SuccessResponse)を生成

  • authres.complete( dict_param, return_to ) で応答オブジェクトを作る。
    • 正常時のみSuccessResponseを返答。
  • セッションからトークンキーを使ってエンドポイント(endpoint)を復元する。
  • 与えられたdict_paramからopenid.message.Messageオブジェクト(msg)を作る。
  • AuthRequsestの場合と同じで基本はGenericConsumer.completeで応答オブジェクトを生成する。msg, return_to, endpointが指定される。
  • mode パラメータをみて、 _complete_ + mode 名前のメソッドを呼び出す。引数はmsg, return_to, endpointが指定される。
    • _complete_cancel, _complete_error , _complete_setup_needed , _complete_id_res が定義されている。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中