JanRain : OpenID Extensionsの実装概要

 

  • openid.consumer.consumer.GenericConsumer.begin() すると openid.consumer.consumer.AuthRequestがかえる。
  • req.addExtension( extension_request ) をおこなうと、実際は extension_request.toMessage(self.message) が呼ばれる。
    • openid.message.Message クラス
  • extension_requestは openid.extension.Extension クラスを継承している。
  • なので、実際に動くメソッドはopenid.extension.Extension.toMessage() 。
  • toMessage()は、もらったMessageクラスに自分の拡張ネームスペースを namespaces.addAlias() する。
  • そのあとでMessageに対して、自分のパラメータ(getExtensionArgs() ) を追加する ( message.updateArgs( ) )。
    • getExtensionArgsは仮想関数なのでopenid.extensions.エクステンション.エクステンションクラス.getExtensionArgs() を実装する。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中