Oracle:10g:XE:sqlnet.log

***********************************************************************
Fatal NI connect error 12560, connecting to:
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=BEQ)(PROGRAM=oracle)(ARGV0=oracleORCL)(ARGS='(DESCRIPTION=(LOCAL=YES)(ADDRESS=(PROTOCOL=beq)))’))(CONNECT_DATA=(SID=ORCL)(CID=(PROGRAM=C:\Shared\XEClient\bin\sqlplus.exe)(HOST=LABRADOR)(USER=hide))))

  VERSION INFORMATION:
    TNS for 32-bit Windows: Version 10.2.0.1.0 – Production
    Oracle Bequeath NT Protocol Adapter for 32-bit Windows: Version 10.2.0.1.0 – Production
  Time: 01-3月 -2009 06:20:51
  Tracing not turned on.
  Tns error struct:
    ns main err code: 12560
    TNS-12560: Message 12560 not found; No message file for product=NETWORK, facility=TNS
    ns secondary err code: 0
    nt main err code: 530
    TNS-00530: Message 530 not found; No message file for product=NETWORK, facility=TNS
    nt secondary err code: 126
    nt OS err code: 0

PROTOCOL=BEQ

ローカルでの Net8(Bequeath) 接続らしい。

マシン内で、アプリからリスナーに接続して、リスナーが専用サーバプロセスを起動して、専用サーバプロセスとアプリが通信する。

リスナーに接続要求を出さずに直接接続する場合は ipc 接続でアクセスさせるらしい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中