sqlcmd: –W で余計な空白の出力を省く

C:\Users\hide>sqlcmd -W
1> sp_helpdb
2> go
name db_size owner dbid created status compatibility_level
—- ——- —– —- ——- —— ——————-
Auth      15.00 MB Labrador\hide 5 04 17 2008 Status=ONLINE, Updateability=READ_
WRITE, UserAccess=MULTI_USER, Recovery=FULL, Version=611, Collation=Japanese_CI_
AS, SQLSortOrder=0, IsAutoCreateStatistics, IsAutoUpdateStatistics, IsFullTextEn
abled 90

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中