OpenXRI:Server Architecture – I-names Development Wiki : URLMapper (俺約)

 

URIMapper

An URIMapper is responsible for parsing incoming requests. It is given a HttpServletRequest object and extracts the following information:  (URLMapperはリクエストを解析します。HttpServletRequestオブジェクトを受け取るのでそれから以下の情報を抽出します。)

  • The segment that needs to be resolved  (解決すべきセグメント)
  • Either a namespace of this segment OR  (そのセグメントのネームスペース、あるいは)
  • The ID of the parent authority of this segment  (そのセグメントの親オーソリティのID)

URIMappers are also responsible for completing URIs, which can be used as endpoints of an authority resolution service endpoint.  (URLMapperの補充も行います。オーソリティ解決サービスのエンドポイントのエンドポイントとして使われるURIです)

All implementations must implement the URIMapper interface.  (URLMapperインターフェースは必須の実装項目です)

Currently the following URIMappers exist:

  • FolderURIMapper: Uses a folder-like URI structure. This is the recommended implementation.  (FolderURIMapper:フォルダー状のURI構造をつかいます。推奨されます。)
  • QueryURIMapper: Uses URIs with a query string.  (QueryURIMaper:クエリストリングつきのURIを使います)
  • SingleNamespaceURIMapper: Assumes a single, fixed namespace, which does not have to be encoded in the URI.  (SingleNamespaceURIMapper:単一で固定ネームスペースを想定しています。URIにエンコードされなくてもいいやつです)
  • NullURIMapper: Fails to handle all requests. Can be used if all request should be forwarded to the Plugin.  (NullURIMapper:リクエストの処理が失敗したときにつかいます。すべてのリクエストをPluginにフォワードすべきです)

The following diagram shows interfaces and classes relevant to the URIMapper component:

URIMapper classes and interfaces

OpenXRI:Server Architecture – I-names Development Wiki

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中