RFC 2898 – PKCS #5: Password-Based Cryptography Specification Version 2.0

 

4. Concatenate M and a padding string PS to form an encoded message EM: (暗号化メッセージは元のメッセージにパディングしたもの)

EM = M || PS ,

where the padding string PS consists of 8-(||M|| mod 8) octets each with value 8-(||M|| mod 8). (パディング文字列は 8 – len(M) % 8  。各オクテットの値も同じ。)

The padding string PS will satisfy one of the following statements:

PS = 01, if ||M|| mod 8 = 7 ;

PS = 02 02, if ||M|| mod 8 = 6 ;

PS = 08 08 08 08 08 08 08 08, if ||M|| mod 8 = 0.

Kaliski Informational [Page 12] RFC 2898 Password-Based Cryptography September 2000 The length in octets of the encoded message will be a multiple of eight and it will be possible to recover the message M unambiguously from the encoded message. (This padding rule is taken from RFC 1423 [3].)

 

RFC 2898 – PKCS #5: Password-Based Cryptography Specification Version 2.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中