RFC 2315 – PKCS #7: Cryptographic Message Syntax Version 1.5

 

2. Some content-encryption algorithms assume the input length is a multiple of k octets, where k > 1, and let the application define a method for handling inputs whose lengths are not a multiple of k octets. For such algorithms, the method shall be to pad the input at the trailing end with k – (l mod k) octets all having value k – (l mod k), where l is the length of the input. In other words, the input is padded at the trailing end with one of the following strings:

01 — if l mod k = k-1

02 02 — if l mod k = k-2

. . . k k … k k — if l mod k = 0

The padding can be removed unambiguously since all input is padded and no padding string is a suffix of another. This padding method is well-defined if and only if k < 256; methods for larger k are an open issue for further study.

入力長がkオクテットの倍数で、アプリケーションがkオクットの倍数になっていないときに入力を処理できるようになっているアルゴリズムがあります。ここで入力長をlとしたとき、k – ( l mod k)の数だけオクテットが埋められるようになっているべきです。埋めるオクテットの値もまた k – ( l mod k )にします。

パディングは正確に取り除かれなければなりません。すべてのインプットがパディングされていて、パディングされていない文字列は他の文字列に対する末尾になっているからです。このパディング方法は k < 256の時のみ成立します。kが256以上の時の方法は今後の研究に任せます。

 

RFC 2315 – PKCS #7: Cryptographic Message Syntax Version 1.5

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中