OAuth Core 1.0 : 9.1. Signature Base String : 俺約/メモ

 

9.1.  Signature Base String (署名基本文字列)

The Signature Base String is a consistent reproducible concatenation of the request elements into a single string. The string is used as an input in hashing or signing algorithms. The HMAC-SHA1 signature method provides both a standard and an example of using the Signature Base String with a signing algorithm to generate signatures. All the request parameters MUST be encoded as described in Parameter Encoding (Parameter Encoding) prior to constructing the Signature Base String.

(署名基本文字列は再生可能な要求要素の組みあわせを1つの文字列にしたもの。この文字列を使ってハッシュや署名アルゴリズムに渡す。HMAC-SHA1が標準。すべてのリクエストパラメータはSBSを作る前にParameter Encoding (Parameter Encoding) にしたがってエンコードすること)

OAuth Core 1.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中