OAuth Core 1.0 : 9.1.1. Normalize Request Parameters : 俺約/メモ

 

9.1.1.  Normalize Request Parameters (リクエストパラメータのノーマライズ)

The request parameters are collected, sorted and concatenated into a normalized string: (リクエストパラメータは次のようにしてノーマライズされます)

The oauth_signature parameter MUST be excluded.  (oauth_signatureを除外!)

The parameters are normalized into a single string as follows: (次のようにして1つの文字列にします)

  1. Parameters are sorted by name, using lexicographical byte value ordering. If two or more parameters share the same name, they are sorted by their value. (nameでソート。辞書順。二つ以上のパラメータが名前を共有するときは、valueでソート。)For example:
                        a=1, c=hi%20there, f=25, f=50, f=a, z=p, z=t
    
  2. Parameters are concatenated in their sorted order into a single string. For each parameter, the name is separated from the corresponding value by an ‘=’ character (ASCII code 61), even if the value is empty. Each name-value pair is separated by an ‘&’ character (ASCII code 38). (1つの文字列に連結。各パラメータごとにname=value。値が空でもそうです。name-valueのペアは&(ASCIIコード38)で分離)For example:
                        a=1&c=hi%20there&f=25&f=50&f=a&z=p&z=t
    

OAuth Core 1.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中