OAuth Core 1.0 : 6.2.3. Service Provider Directs the User Back to the Consumer : 俺約/メモ

 

6.2.3.  Service Provider Directs the User Back to the Consumer ( UserをConsumerに戻す)

After the User authenticates with the Service Provider and grants permission for Consumer access, the Consumer MUST be notified that the Request Token has been authorized and ready to be exchanged for an Access Token. If the User denies access, the Consumer MAY be notified that the Request Token has been revoked.

If the Consumer provided a callback URL in oauth_callback (as described in Consumer Directs the User to the Service Provider (Consumer Directs the User to the Service Provider)), the Service Provider constructs an HTTP GET request URL, and redirects the User’s web browser to that URL with the following parameters: (もしもコールバックURLが指定されてればSPはHTTP GETリクエストで次のパラメータをConsumerに戻します)

oauth_token:
The Request Token the User authorized or denied. ( リクエストトークン )

The callback URL MAY include Consumer provided query parameters. The Service Provider MUST retain them unmodified and append the oauth_token parameter to the existing query. ( コールバックURLにはConsumerが用意したパラメータを入れます。)  

If no callback URL was provided, the Service Provider instructs the User to manually inform the Consumer that authorization has completed. ( コールバックURLがない場合、Userに対して、認可が完了したことをConsumerにどうやって知らせたらよいかを説明します)

OAuth Core 1.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中