OAuth Core 1.0 : 6.1.2. Service Provider Issues an Unauthorized Request Token : 俺約/メモ

 

6.1.2.  Service Provider Issues an Unauthorized Request Token

The Service Provider verifies the signature and Consumer Key. If successful, it generates a Request Token and Token Secret and returns them to the Consumer in the HTTP response body as defined in Service Provider Response Parameters (Service Provider Response Parameters). The Service Provider MUST ensure the Request Token cannot be exchanged for an Access Token until the User successfully grants access in Obtaining User Authorization (Obtaining User Authorization).

(SPは署名とConsumerキーを検証すること。正しければRTとトークンシークレットを発行してConsumerにHTTPの応答ボディで返す。SPはユーザーがアクセスを許可するまではRTをATに変換しないこと)

The response contains the following parameters:

oauth_token:
The Request Token. (リクエストトークン)
oauth_token_secret:
The Token Secret. (トークンシークレット)
Additional parameters:
Any additional parameters, as defined by the Service Provider. (SPが勝手に定義)

If the request fails verification or is rejected for other reasons, the Service Provider SHOULD respond with the appropriate response code as defined in HTTP Response Codes (HTTP Response Codes). The Service Provider MAY include some further details about why the request was rejected in the HTTP response body as defined in Service Provider Response Parameters (Service Provider Response Parameters).

(リクエストが失敗すればHTTP応答コードで返すこと。SPはリジェクトした理由をHTTP応答ボディに書くこと)

OAuth Core 1.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中