XRI Resolution 2.0 : 17.Extensibility and Versioning : 俺メモ

 

17Extensibility and Versioning

17.1 Extensibility

17.1.1 Extensibility of XRDs

The XRD schema in Appendix B use an an open-content model that is designed to be extended with other metadata. In most places, extension elements and attributes from namespaces other than xri://$xrd*($v*2.0) are explicitly allowed. These extension points are designed to simplify default processing using a “Must Ignore” rule. The base rule is that unrecognized elements and attributes, and the content and child elements of unrecognized elements, MUST be ignored. As a consequence, elements that would normally be recognized by a processor MUST be ignored if they appear as descendants of an unrecognized element.

( xrds.rnc/xrd.rnc はオープンコンテントモデルを採用しています。他のメタデータを使って拡張できるのです。xri://$xrd*($v*2.0)以外のネームスペースの要素/属性が明示的に許されています。知らない要素/属性、あるいは知らない要素の内容と子要素は「無視される」というルールでう。よってプロセッサに認識される要素もそれらが認識されない要素の子孫として現れるのであれば無視されます。)

Extension elements MUST NOT require new interpretation of elements defined in this document. If an extension element is present, a processor MUST be able to ignore it and still correctly process the XRDS document.

( 拡張要素はここで定義されている要素に新しい解釈が必要となるようであってはいけません。拡張要素が存在すればプロセッサはそれを無視してもXRDSドキュメントを正しく処理できる必要があります。)

Extension specifications MAY simulate “Must Understand” behavior by applying an “enclosure” pattern. Elements defined by the XRD schema in Appendix B whose meaning or interpretation is modified by extension elements can be wrapped in an extension container element defined by the extension specification. This extension container element SHOULD be in the same namespace as the other extension elements defined by the extension specification.

( xrds.rnc/xrd.rnc はオープンコンテントモデルを採用しています。他のメタデータを使って拡張できるのです。xri://$xrd*($v*2.0)以外のネームスペースの要素/属性が明示的に許されています。知らない要素/属性、あるいは知らない要素の内容と子要素は「無視される」というルールでう。よってプロセッサに認識される要素もそれらが認識されない要素の子孫として現れるのであれば無視されます。)

Using this design, all elements whose interpretations are modified by the extension will now be contained in the extension container element and thus will be ignored by clients or other applications unable to process the extension.( この設計により、エクステンションのために新たに解釈が必要となるすべての要素は拡張コンテナ要素の中に含められ、このエクステンションを知らない人からは無視されます)

The following example illustrates this pattern using an extension container element from an extension namespace (other:SuperService) that contains an extension element (other:ExtensionElement)( 以下の例ではこの拡張コンテナ要素を使ったパターンを解説しています。other:ExtensionElementという拡張要素を含んだother:SuperServiceという拡張ネームスペースです)」:

<XRD>

  <Service>

    …

  </Service>

  <other:SuperService>

    <Service>

      …

      <other:ExtensionElement>…</other:ExtensionElement>

    </Service>

  </other:SuperService>

</XRD>

In this example, the other:ExtensionElement modifies the interpretation or processing rules for the parent xrd:Service element and therefore must be understood by the consumer for the proper interpretation of the parent xrd:Service element. To preserve the correct interpretation of the xrd:Service element in this context, the xrd:Service element is “wrapped” in the other:SuperService element so only consumers that understand elements in the other:SuperService namespace will attempt to process the xrd:Service element.

( この例では、other:ExtensionElementはxrd:Serviceという親要素に対する解釈と処理ルールの修正を必要としています。なので、コンシューマが親のxrd:Service用を正しく理解するために、xrd:Service様相がother:SuperServiceで"ラップ"されています。よってothter:SuperServieになる要素を理解できるコンシューマーだけがxrd:Service要素処理しようと試みることになります)

The addition of extension elements does not change the requirement for SAML signatures to be verified across all elements, whether recognized or not.

( 拡張要素を加えてもSAMLシグネチャーに対する用件が変わることがありません)

Specifications extending XRDs MAY use the xrd:XRD/xrd:Type element to indicate to an XRD processor that an XRD conforms to the requirements of the extension specification. Such specification SHOULD be dereferenceable from the URI, IRI, or XRI used as the value of the xrd:XRD/xrd:Type element. However XRD processors MAY ignore instances of this element and process the XRD as specified in this document.

( XRDを拡張する仕様ではxrd:XRD/xrd:Type要素を使って、拡張仕様の要件に対してXRD適応していることをXRDプロセッサーに伝えることができます。そのような仕様はxrd:XRD/xrd:Type要素の値としてURI,IRI,XRIを使って参照されるようになっているべきです。しかし、XRDプロセッサはこの魚うそを無視して、このドキュメントで定義されているようにXRDを解釈してもかまいません)

XRI Resolution 2.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中