XRI Resolution 2.0 : 17.1.2 Other Points of Extensibility : 俺メモ

 

17.1.2 Other Points of Extensibility

The use of HTTP(S), XML, XRIs, and URIs in the design of XRDS documents, XRD elements, and XRI resolution architecture provides additional specific points of extensibility:

· Specification of new resolution service types or other service types using XRIs, IRIs, or URIs as values of the xrd:Type element.

(新しいレゾリューションサービスタイプとか他のサービスタイプは、XRI,IRI,URIを使ってxrd:Type要素の値として定義できる)

· Specification of new resolution output formats or features using media types and media type parameters as values of the xrd:MediaType element as defined in [RFC2045] and [RFC2046].

(新しいレゾリューション出力書式や、メディアタイプを使った機能、そしてメディアタイプパラメータは、xrd:MediaType要素の値を使って定義できる。RFC2045,RFC2046参照)

· HTTP negotiation of content types, language, encoding, etc. as defined by [RFC2616].

(コンテントタイプ、言語、エンコーディングなどのHTTPでのネゴシエーションはRFC2616)

· Use of HTTP redirects (3XX) or other response codes defined by [RFC2616].

(HTTPリダイレクト(3xx)や他の応答コードはRFC2616)

· Use of cross-references within XRIs, particularly for associating new types of metadata with a resource. See [XRISyntax] and [XRIMetadata].

(XRIでのクロス参照の利用、とくにリソースに対する新しいメタデータタイプの関連付けが可能。XRISyntx,XRIMetadata参照)

XRI Resolution 2.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中