XRI Resolution 2.0 : 4.2.6 Service Endpoint Selection Elements : 俺訳/俺約/俺メモ

 

4.2.6 Service Endpoint Selection Elements

The final set of service endpoint descriptor elements is used in XRI resolution for service endpoint selection. These all include two global attributes used for this purpose: match and select. (サービスエンドポイント選択のための要素。match/selectアトリビュートを含んでいます)

xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Type

0 or more per xrd:XRD/xrd:Service element. A unique identifier of type xs:anyURI that identifies the type of capability available at this service endpoint. See section 3.1.2 for the resolution service types defined in this specification. If a service endpoint does not include at least one xrd:Type element, the service type is effectively described by the type of URI specified in the xrd:XRD/xrd:Service/xrd:URI element, i.e., an HTTP URI specifies an HTTP service. See section 13.3.6 for Type element matching rules. Attributes(XRD/Servide要素で0個以上。xs:anyURI型のユニーク識別子で、サービスエンドポイントで使うことができる能力のタイプを示す。3.1.2で解決サービスタイプが示されている。Type要素を含んでいないエンドポイントは、そのサービスの型はXRD/Service/URIで示されたURIタイプと判断。13.3.6でType要素のマッチングールを示している。):

· match (type xs:enumeration). OPTIONAL. See section 13.3.2.

· select (type xs:boolean). OPTIONAL. See section 13.4.2.

xrd:XRD/xrd:Service/xrd:Path

0 or more per xrd:XRD/xrd:Service element. Of type xs:string. Contains a string meeting the xri-path production defined in section 2.2.3 of [XRISyntax]. See section 13.3.7 for Path element matching rules. (XRD/Serviceで0個以上。XRI Syntaxの2.2.3にあるxri-path生成の要件を満たす必要がある)Attributes:

· match (type xs:enumeration). OPTIONAL. See section 13.3.2.

· select (type xs:boolean). OPTIONAL. See section 13.4.2.

xrd:XRD/xrd:Service/xrd:MediaType

0 or more per xrd:XRD/xrd:Service element. Of type xs:string. The media type of content available at this service endpoint. The value of this element MUST be of the form of a media type defined in [RFC2046]. See section 3.3 for the media types used in XRI resolution. See section 13.3.8 for MediaType element matching rules. (XRD/Serviceで0個以上。このエンドポイント使うことのできるコンテンツタイプ。この要素の値はRFC2046に定義されているものを使うこと。3.3でXRI解決で使われるメディアタイプを定義している。13.3.8ではMediaType要素のマッチングルールを解説。)Attributes:

· match (type xs:enumeration). OPTIONAL. See section 13.3.2.

· select (type xs:boolean). OPTIONAL. See section 13.4.2.

The XRD schema (Appendix B) allows other elements and attributes from other namespaces to be added throughout. As described in section 17.1.1, these points of extensibility can be used to deploy new XRI resolution schemes, new service description schemes, or other metadata about the described resource.(XRDスキーマによると他の要素と属性を追加してよいことになっている。17.1.1で示すように、拡張のポイントは新しいXRI解決ムの採用、新しいサービス表現スキームの採用、あるいは表現されたりソースに関するメタデータとなっている。)

XRI Resolution 2.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中