OAuth Core 1.0 ; 9. Signing Requests : 俺約

 

9.  Signing Requests

All Token requests and Protected Resources requests MUST be signed by the Consumer and verified by the Service Provider. The purpose of signing requests is to prevent unauthorized parties from using the Consumer Key and Tokens when making Token requests or Protected Resources requests. The signature process encodes the Consumer Secret and Token Secret into a verifiable value which is included with the request.

(すべてのトークンリクエストと保護リソースリクエストはコンシューマーによって署名されてSPによって検証される必要があります。)

OAuth does not mandate a particular signature method, as each implementation can have its own unique requirements. The protocol defines three signature methods: HMAC-SHA1, RSA-SHA1, and PLAINTEXT, but Service Providers are free to implement and document their own methods. Recommending any particular method is beyond the scope of this specification.

( 3つの署名法を定義しています。 HMAC-SHA1 , RSA-SHA1 , PLAINTEXT 。ただし、SPが自由に独自の方法を実装してドキュメント化できます)

The Consumer declares a signature method in the oauth_signature_method parameter, generates a signature, and stores it in the oauth_signature parameter. The Service Provider verifies the signature as specified in each method. When verifying a Consumer signature, the Service Provider SHOULD check the request nonce to ensure it has not been used in a previous Consumer request.

(コンシューマはoauth_signature_methodで署名法を宣言し、署名をoauth_signatureにセットします。SPは指定された方法で署名を検証します。コンシューマのシグネチャーを検証する際、SPはノンスをチェックし、初めてのリクエストであることを確認しなければなりません。)

The signature process MUST NOT change the request parameter names or values, with the exception of the oauth_signature parameter.

 

OAuth Core 1.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中