OAuth Core 1.0 : 5.3. Service Provider Response Parameters : 俺約

 

5.3.  Service Provider Response Parameters

Response parameters are sent by the Service Provider to return Tokens and other information to the Consumer in the HTTP response body. The parameter names and values are first encoded as per Parameter Encoding (Parameter Encoding), and concatenated with the ‘&’ character (ASCII code 38) as defined in [RFC3986] (Berners-Lee, T., “Uniform Resource Identifiers (URI): Generic Syntax,” .)

(SPからコンシューマへの応答パラメータは、トークンと他の情報をHTTPのBODYに入れて送られます。パラメータ名と値がまずエンコードされて&で連結されます)

Section 2.1. For example:

            oauth_token=ab3cd9j4ks73hf7g&oauth_token_secret=xyz4992k83j47x0b

OAuth Core 1.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中