OAuth Core 1.0 : 5.2. Consumer Request Parameters : 俺約

 

5.2.  Consumer Request Parameters

OAuth Protocol Parameters are sent from the Consumer to the Service Provider in one of three methods, in order of decreasing preference:

(OAuthプロトコルパラメータはコンシューマからSPに以下に示す3つの方法のひとつで送られます。より優先的なものから並べています)

  1. In the HTTP Authorization header as defined in OAuth HTTP Authorization Scheme (OAuth HTTP Authorization Scheme). (Authorizationヘッダー)
  2. As the HTTP POST request body with a content-type of application/x-www-form-urlencoded. ( POST  )
  3. Added to the URLs in the query part (as defined by [RFC3986] (Berners-Lee, T., “Uniform Resource Identifiers (URI): Generic Syntax,” .) section 3). (GET )

In addition to these defined methods, future extensions may describe alternate methods for sending the OAuth Protocol Parameters. The methods for sending other request parameters are left undefined, but SHOULD NOT use the OAuth HTTP Authorization Scheme (OAuth HTTP Authorization Scheme) header.

(このほか将来的なエクステンションがありえる。他のリクエストパラメータを送る方法は定義しませんが、OAuth HTTP 認証スキームヘッダーを使ってはいけません。)

OAuth Core 1.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中