OAuth Core 1.0 : 5.1. Parameter Encoding : 俺約

 

5.1.  Parameter Encoding

All parameter names and values are escaped using the [RFC3986] (Berners-Lee, T., “Uniform Resource Identifiers (URI): Generic Syntax,” .) percent-encoding (%xx) mechanism. Characters not in the unreserved character set ([RFC3986] (Berners-Lee, T., “Uniform Resource Identifiers (URI): Generic Syntax,” .) section 2.3) MUST be encoded. Characters in the unreserved character set MUST NOT be encoded. Hexadecimal characters in encodings MUST be upper case. Text names and values MUST be encoded as UTF-8 octets before percent-encoding them per [RFC3629] (Yergeau, F., “UTF-8, a transformation format of Unicode and ISO 10646,” .).

(パラメータ名と値はRFC3986のパーセントエンコーディング(%xx)でエンコードすること。非予約語セットにないキャラクタはコンコードすること。16進は英大文字を使うこと。テキスト名と値はUTF-8オクテットにエンコードしてからパーセントエンコードすること。)

            unreserved = ALPHA, DIGIT, '-', '.', '_', '~'

OAuth Core 1.0

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中